雨漏り修理の費用は火災保険で賄えるかも・・・

雨漏りによる被害は深刻~子供の健康を守ろう~

雨漏り修理にかかる費用~業者選びの参考に~

屋根の種類や修理方法によって費用は変わります。ここでは、様々な修理の費用相場を紹介するので参考にしてください。

屋根の雨漏り修理方法と費用の相場は

スレート屋根にヒビが入った場合の修理方法
スレート屋根にヒビが入ってしまったら、まずは割れたスレートを撤去します。その後、コーキング剤を充填し位置を微調整してから新しいスレートを設置して完了です。スレートの修理にかかる費用の目安は、スレート1枚につきおよそ1万円~3万円で、1棟となるとおよそ25万~80万円です。
棟瓦を交換する場合の修理方法
棟瓦の修理では、まず古い棟瓦を取り除く作業から始めます。それが済んだら、次に下地を整えていきます。下地を整えたら、新しい棟瓦を積み直して修理完了です。この修理にかかる費用の目安は、50万円~150万円と高額です。家族としっかり相談した上で、この修理を行なうか判断しましょう。
漆喰が古くなった場合の修理方法
漆喰が古くなると、そこから雨漏りすることがあります。これを修理するには、まず古くなった漆喰を取り除きます。その後、新しい漆喰を塗る前に下処理を行ないます。下処理が済んだら新しい漆喰を塗り、乾燥させて完了です。この作業にかかる費用の目安は、1棟あたり30万円~80万円です。

費用を抑えるためにも

電卓

雨漏りの修理をするとなると、早期発見でも万単位でお金が飛んでいきます。そのため、修理を業者に依頼するのをためらってしまうという人も少なくありません。そんな人は、今自分が火災保険に加入しているか確認してみましょう。実は、雨漏りは火災保険で直せる場合があるのです。火災保険と聞くと火事が起きた時だけのものだと思うかもしれませんが、台風や強風などで家が被害を受けた場合も適用されるのです。つまり、雨漏りの原因が台風や強風などの風災によるものであれば、火災保険が適用されて修理費用を抑えることができるので、一度自分の火災保険の契約内容を確認してみるといいでしょう。

TOPボタン